株式会社ラヴィゴット
フォロー

この投稿をシェアする:

新米パパ(代表)を紹介させていただきたく存じます。

新米パパ(代表)を紹介させていただきたく存じます。

こんにちは。20卒内定者のりょうすけと申します。
書くことが思い浮かばなすぎて代表に相談したところ

ぶっとんだやつ、頼むで!(ニヤニヤ)
という答えになってない無茶ぶりをかまされたので
いっそ代表のことを書いてしまえ!と思いたちました。

とりあえず代表のプロフィールを紹介しときますね。

名前:梁川宰源(やながわさいげん)
年齢:33歳
血液型:AB型
趣味特技:サーフィン、スキューバーダイビング、飲酒、ゴルフ...

私からみた代表の第一印象は、いい意味で代表っぽくない
親しみやすいお兄さんって感じでした。

代表と話をして最初に衝撃を受けたのは採用の最終面接でした。
なにか聞きたいことはある?と問われた私は、
代表から見たラヴィゴットはどんな会社ですか。と尋ねました。

すると社長は
代表:りょうすけくん、ドラゴンボールって読む?
私:!?(やべえ、読んだことない。。。)
代表:ラヴィゴットは精神と時の部屋や。
私:!?(何言ってんだこの人。。。)

次の面談では職種の話になり、
代表:りょうすけくん、ドラクエってやったことある?
私:!?(やべえ、やったことない。。。)
代表:ラヴィゴットの職種をドラクエでいうと営業は勇者、
デザイナーは魔法使い、コーダー〜(以下略
私:(何言ってんだこの人。。。)

インターンの企業理念研修にて
代表:いまからグループワークやるでー。
これから配る資料を使ってルフィの事業、使命、価値観、将来像を
考えて記入してな〜。あ、みんなワンピース読んだことある?
私:!(ある!!!)

ワンピース読んどいて良かった。わかりやすい!

ラヴィゴットの代表は国民的アニメ、ゲームに例えて
話やワークをすることが非常に多いです。
これ、伝わる人にはすごく効果的なんですよね。
聞き手はグッとイメージがしやすくなります。

以前読んだ記事にこんな言葉がありました。
”一流の人にほぼ間違いなく共通するのは
比喩や例え話がめちゃくちゃ上手であること。”

”自分のフィルターを通して、相手にわかりやすく
イメージできる例えをポンっと出せる人は、聞き手を惹き込む。”

自分の持っている経験や知識を抽象化し、汎用的に利用できるスキル。
自分も身に付けたいなと思いました!

こんなユニークな(?)人が代表をやっているのがラヴィゴットという会社です。


説明会情報をみる

株式会社ラヴィゴット