株式会社アプメス
フォロー

この投稿をシェアする:

自己肯定感についての話

自己肯定感についての話

アプメス広報担当のコボリです。
この前友達と飲んでるときにこんな話をしました。

「自己肯定感について」

皆様は自己肯定感高いですか?低いですか?それともよくわからない?

私は割と自己肯定感高め人間です。

というのも、中学生までは勉強も運動もできたんです。
部活はテニス部部長。対して勉強しなくてもテストの点数が取れる。
親にも先生にも褒められる。
天狗になるわけです。

高校は家から一番近い進学校にいきました。
そしたらもう成績は下の方。笑
そもそも勉強の仕方がわからないので苦手な教科は赤点とりまくりです。
部活やめたら体力もなくなったし太りました。
それでも別に気にしてませんでした。
服の勉強をしたかったので、服飾の大学には公募推薦で入れました。(試験勉強も面接もなし!)

そして念願の東京での一人暮らし、大学生活!
そこで私の自己肯定感は音を立てて崩れ落ちました。

大学は可愛くておしゃれで個性的な子ばかり。
得意だと思っていた絵や裁縫ももっと上手でセンスのいい子ばかり。
バイト先では怒られてばかり。
ついでに女子高女子大ときてしまって彼氏なんてできる気配もなし。
え、私、なにもない…

周りを僻んで、鬱屈して、そのくせプライド高くて、性格悪いのに嫌われたくなくて八方美人で、ほんとに嫌なやつです。笑
就活も苦労し、就職してからも仕事できなすぎて自己嫌悪、とそれが続いてました。

考えが変わったのが25歳くらいのとき。
そのころからいろんな場所に飲みに出かけるようになって、人と話す機会が増えました。
今まで大学の友人と職場の人しか接してこなかった私は、様々な価値観の人と話すことで、自分の世界が広がった気がしました。
自分の考えをアウトプットすること、人の考えを聞いていいと思ったことは取り入れること、時には議論すること、当たり前のことかもしれませんが、人より遅れを取ってやっとその大切さに気付きました。
それで失っていた自己肯定感を取り戻せたように思います。

(なんか自分で書いてて思ったけど、マルチとか怪しい宗教とかにはまったわけじゃないですよ!笑 至って普通の飲み会です。)

もし自己肯定感が低いと思う人は、いろんな年代・職業の人と話す機会を増やすのがおすすめです。世界にはいろんな価値観がある、と感じられます。
自己肯定感が高い人間は圧倒的に人生が生きやすいです。

就活に直接関係ない話でごめんなさい。人生においてのライフハック(?)でした!


説明会情報をみる

株式会社アプメス