株式会社いい生活
フォロー

この投稿をシェアする:

不動産市場向けSaaSアプリ「pocketpost」のプロダクト開発責任者が語る!①

不動産市場向けSaaSアプリ「pocketpost」のプロダクト開発責任者が語る!①

不動産市場特化型SaaSを提供する株式会社いい生活は、
2018年に不動産管理会社と入居者・不動産オーナーとの
コミュニケーションを円滑化するための入居者アプリ「pocketpost」をリリースしました。

コロナ禍の中で、顧客(入居予定者・入居者・不動産オーナー等)との非対面の日常が
不動産業界でも通常となってきています。このご時世だからこそ、
入居者アプリのニーズが高まってきていると不動産業界では特にホットな話題となっています。

 リリースから約2年経過した今、プロダクト責任者の糸山 雄貴(いとやま ゆうき、2010年エンジニアとして新卒でいい生活に入社)に「pocketpost」を企画・開発した理由、また「pocketpost」の今後について語ってもらいました!


---「pocketpost」とはどのようなアプリケーションですか?

はい、「pocketpost」とは不動産会社と入居者、及び不動産オーナーとのコミュニケーションを支援する、スマートフォン向けアプリケーションです。これまで、アナログだったマンション掲示板、電話、契約書の郵送、更新料の支払いなどをデジタル化することで、
『不動産業務効率化と、入居者や不動産オーナーとの利便性向上に貢献すること』を目的としています。

→→②に続く


説明会情報をみる

株式会社いい生活