株式会社ネクストビート
フォロー

この投稿をシェアする:

競争率数十倍の先には、熱狂の2日間が待っていた。参加者が語るNBサマーインターン2020レポート③

競争率数十倍の先には、熱狂の2日間が待っていた。参加者が語るNBサマーインターン2020レポート③

ネクストビートでは今年も、2023年卒の新卒学生に向けてサマーインターンを開催いたします。
前回に続き、サマーインターンの実態に迫るぶっちゃけレポート第3弾!

③メンター・サブメンターの印象を教えてください!

川本:メンター早川さんは、自身で事業をやられていたりM&Aを行なった経験から出てくるFBの質がとても高く、様々な角度からご指摘を頂くことができたので、本当に学びの多い時間でした。実際に事業をやっていく上での考え方を教えて頂き、とても心強かったです!
早川さんに「僕たちが本気になれてませんでした」と言わせた時は嬉しかったと感じたことを思い出しました。
サブメンター矢代さんは、一緒に本気で泥臭くやって下さり、メンターの本気を感じることができました。
先ほどの質問への回答の通り「なぜこれをやるのか」という、本当に大事な問いを私たちに投げかけてくださったことを本当に感謝してます!

長澤:メンターの早川さんは、フィードバックや議論が止まってしまった時に、様々なカードを出してくださり、引き出しの多さが印象的でした。早川さんの専門外のところでもアイディアや知識を提供してくださり、社会人の凄さを思い知りました。
サブメンターの矢代さんは、バラバラにワークする時があっても全体を把握しつつ、どんな課題があるのかという部分を整理してくださっていました。泥臭い部分もメンター自らメンバーの一員として、進んで取り組んでくださったこともとても印象的です。

④長澤さん・川本さん2名のサマーインターン時の印象を教えてください!早川:2人とも一見、クールで落ち着いてそうに見えながらも、秘めたる炎を持っている方々だと思います。
2日間で新規事業を立案し、最後代表にプレゼンを行い全チームで競い合うのですが、我々のチームは惜しくも2位という結果に終わりました。
ただ、序盤はアウトプットもチームのコンディションもかなり酷く、反転の兆しは間違いなく長澤さんの強烈な危機感と働きかけによるものでした。
また、1位との違いについてフィードバックを受けて、自身の至らなさに気付くと共に今後のノビシロに気付き、嬉しそうに苦笑いを浮かべた川本さんの姿も印象的でした。

2021年サマーインターンのご応募はこちらから!https://cheercareer.jp/company/seminar/3493


説明会情報をみる

株式会社ネクストビート