株式会社ネクストビート
フォロー

この投稿をシェアする:

大手財閥商社からベンチャーへの転職~真逆の環境で見つけた個としてのキャリア

大手財閥商社からベンチャーへの転職~真逆の環境で見つけた個としてのキャリア

【経歴】
柴内 勇輝(しばない ゆうき)
中央大学経済学部卒業後
2015年4月 新卒で大手財閥商社に入社
2018年3月 ネクストビート 入社 保育士バンク!キャリアアドバイザー
2018年9月 リーダー昇格
2020年4月 マネージャー昇格
ベンチャーだからこそ実現できる最速キャリア。
20代でマネージャーへ。【PDCAを高速でまわせる環境を求めネクストビートへ転職】Q.商社からITベンチャーへ転職を考えた理由を教えてください      商社で働く中で、世界を股にかける貿易、日本のものづくりの根幹を支える鉄の営業にやりがいを感じていましたが、一方で歴史のある会社には既存の手法で取引を守ることに “美学”があり、新しさが嫌われる空気感がありました。大きな会社の中で自分が歯車の一つである感覚も否めず、もっと自分の裁量で営業をしていきたいという意欲からベンチャーを新天地に選びました。
また前職では個人の力というよりも大手である会社の看板の力が強く、業務面でも既存の顧客に対し受注通りに届けることが求められているなど、仕事に対する自分自身の介在価値が感じにくい環境でした。そこで法人と求職者の双方に対し介在価値を感じることができる人材紹介業に興味を持つようになりました。
Q。人材×ベンチャーの軸の中からなぜネクストビートに入社を決められたのでしょうか?      何社か選考に進む中でも、ネクストビートのPDCAサイクルがずば抜けて早く、自分自身が求めているベンチャーのスピード感がネクストビートにあると感じ入社を決意しました。
前職では社内稟議に1ヶ月、トライアル実行に半年かかるなど新しい施策を行うにもかなり時間がかかっていましたが、私としては、そのPDCAサイクルでは遅いと感じていました。ネクストビートは、採用選考や結果までのスピードもとても速く、現場の方との面談時には、半年や1年で昇格した実例も複数伺い、入社前からそのスピードを感じることができていました。
実際の業務においても上長や役員との距離が近く、ある程度裁量を持って仕事ができるので新しい施策を実行するまでのスピードや施策に対するPDCAサイクルの早さなど日々そのスピード感を実感しています。


説明会のご予約はこちら→https://cheercareer.jp/company/seminar/3493

浅井 千晴
Human Resource Division Recruiting Team
Temple University Japan Campus 卒…詳細を見る
Temple University Japan Campus 卒業
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社ネクストビート