株式会社ネクストビート
フォロー

この投稿をシェアする:

【新卒】起業・就活メディア立ち上げ経験を経て、ネクストビートに新卒1期生として入社した理由

【新卒】起業・就活メディア立ち上げ経験を経て、ネクストビートに新卒1期生として入社した理由

Q.ネクストビートに入社を決めた理由は?

A.ネクストビートでインターン生として働き、様々な社員と話す中で、『この会社なら絶対に成長できる』と思い入社を決めました。

Q)どんなところが成長できる環境だと感じたんですか?

具体的には3つあって、
1つ目が実力主義という点です。
私は実力のごまかせない環境で、自らを鍛えたいと思っています。ネクストビートではとにかく結果にとことんこだわり、その成果が正当に評価してもらえるんです。
例えば営業活動においても、架電件数、訪問件数、成約率など各行動プロセスが数字として目に見える形で管理されています。チームとして結果を追いかける中でも、社員ひとりひとりが弱点の発見、分析、改善がしやすいデータ管理方法を取り入れており、自らが結果にこだわり仕事をすることができる環境が整っている感じました。
2つ目は裁量をもって働けるフェーズだということ。
私(17卒)は新卒第一期生です。今だからこそ得られる環境があると感じました。
インターンとして参加していた当時、子育て世代向けメディア「KIDSNA」の立ち上げを行うメディアセールスグループでは、1人のマネージャー社員と、他は全てインターン生と内定者で構成されていました。営業だけではなく、メディアの企画や広告回りなどあらゆる業務を任せてもらえます。営業先への提案内容や、コンテンツ内容も与えられたものだけではなく、個人個人が提案し採用されることもありました。事業の立ち上げフェーズでありながらそれだけ裁量をもってチャレンジできる環境があるのも「保育士バンク!」で安定的な収益を確立できているこの会社ならではだと思いますね。
そして今は新卒採用、エンジニア採用担当として、日々奮闘中です!
最後に"人"です。
ネクストビートにはこれまで様々な分野で功績を残してこられた各ジャンルのプロフェッショナルが集まっています。日本レベルというより世界レベルで考え発言している社員が多く、お話を聞くとこれまでされてきたことが桁違いだった!ということもしばしばありました、、、謙虚で愚直なそんな人たちが私は大好きですし、日本の課題を解決するビジネスの構築のために同じ環境に身を置き近い距離で仕事ができるので、様々なスキルや考え方は盗みホーダイだと思います。
どんな道を極めたいと思っても、必ず的確なサポートのもと、自ら挑戦出来る環境が整っていると思います。

浅井 千晴
Human Resource Division Recruiting Team
Temple University Japan Campus 卒…詳細を見る
Temple University Japan Campus 卒業
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社ネクストビート