株式会社ネクストビート
フォロー

この投稿をシェアする:

誰もが憧れるバリッバリのキャリウーマンになりたい!!

誰もが憧れるバリッバリのキャリウーマンになりたい!!

Q.ネクストビートとの出会いは?
A.ビヨンドカフェから紹介されたオフィスツアー

ビヨンドカフェの担当者から「今度ネクストビートのオフィスツアーがあるから行ってみない?」と言われて、なんとなく参加しました。
オフィスツアーでは、役員との座談会があり、CMO里吉さんからお話を聞く機会があったんですけど。私が「いまネクストビートを辞めない理由ってなんですか?」と質問すると、「僕が辞めたらネクストビートは潰れるからです。」ときっぱり仰ったことが衝撃的で。加えて、「僕が右に重心乗せたら会社は右に進むし、逆走したら、会社も逆走する。自分が指止めたら会社の動きも止まる。自分が潰れたら会社も潰れる。それくらい当事者意識をもって働いている」と公言されていて、生き方かっこいい!と思って痺れましたね~。こんな風に全身全霊をかけて働いている人が役員としている会社っていいなぁと正直に思いました。その後すぐに選考に進み、20卒新卒採用担当である小垣さんと面談を重ね、CHROの澄川さんとお会いしました。第一印象は「(プラダを着た悪魔)日本版ミランダだ!」でした(笑)内面から溢れ出す自信と強さ。ただただかっこいいと思いましたね。出産から1ヶ月で復帰され、第一線でご活躍しているCSOの石毛さんにもお会いしました。執行役員として女性が2人もいる会社自体、今まで見たことがなかったので衝撃的でしたし、「私がなりたい像はこれだ!」と心の底から思いましたね。2人が鮮烈なベンチマークとなり、直下で働いて学びを得たいと思いました。また、選考スピードもはやく、小垣さんから「期待値が高い」と仰って頂けたことも決め手となりました。やるべきことはどこへ入社しても決まっている。期待されているからこそ、求められているアウトプットの質も高まり、成長できると思いました。
就活生へ一言
男性と女性で、就職活動の進め方も違うような気がしています。特に女性は、プライベートと仕事を天秤にかけ悩んでいる傾向の人が多いと感じていて。就活生の相談に乗っていると、安定や福利厚生、親がこう言っている、など自分が求めているもの以外の外部要素に引っ張られている人が多い印象です。結局は、自分が決断した選択を正解にするのも不正解にするのも自分次第。どの企業を選んだとしても、正解・不正解はないので、心からやりたいと思ったことを自分の意思で決定してほしいと思います。

浅井 千晴
Human Resource Division Recruiting Team
Temple University Japan Campus 卒…詳細を見る
Temple University Japan Campus 卒業
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社ネクストビート