株式会社ISO総合研究所
フォロー

この投稿をシェアする:

【ISO総研を知る!】産休・育休について

【ISO総研を知る!】産休・育休について

みなさま!こんにちは! 本日は産休・育休についてご紹介いたします! ここ数年、「ワーキングマザー」が増えてきていますよね。 ワーキングマザーとは、子育てをしながら働いているお母さんのことです。 ISO総研では産休・育休が取りやすく女性が働きやすい環境が整っております。 法律上「産休」とは、出産をするすべての女性が取得できる、出産前の6週間と、 出産後の8週間の合計14週の休暇制度で、「育休」とは、産後休暇の翌日から 子供が1歳になるまでの間(必要な場合は2歳まで延長可)、 休暇をとることができる制度です。 上記制度を2015年、弊社女性社員第1号が出産を機に活用されました。 現在も育休、産休中の社員が2名おります。 「仕事と家庭を両立させるためには、これまでのようなフルタイムでの働き方ができない・・・」 「出産後に職場に戻っても、仕事についていけなくなって迷惑をかけるかも・・・」 といった声があると思います。 弊社では時短勤務制度も取り入れています。 「時短勤務」とは、4歳に満たない子を養育する従業員は、1日原則6時間の短時間勤務が可能になるという制度です。 この制度を活用することで仕事と家庭の両立がしやすくなります! また、「ファミ☆ケア休暇」という小学校就学の始期に達するまでの子を養育する従業員(パートを含む)は年次有給休暇とは別に「ファミ☆ケア休暇」を取得することができます。子どもが病気の時などとても助かります。 ジョブローテーションも定期的に行っており、ダブルキャスト化・トリプルキャスト化にも積極的に取り組んでおるので、急な休みにもすぐにフォローしていただける体制が整っております。


説明会情報をみる

株式会社ISO総合研究所