株式会社ISO総合研究所
フォロー

この投稿をシェアする:

【ISO総研を知る!】評価制度について

【ISO総研を知る!】評価制度について

こんにちは! ISO総研の人事総務部です。 「情熱メッセージ」今回のテーマは『ISO総研を知る!評価制度について』です。 ISO総研の人事評価制度はとてもシンプルです。 評価の基準がすべて「評価シート」に明確になっています。 ISO総研の「評価シート」を見ると何をすれば評価されるかが明確にわかるようになっています。 評価尺度を明確にしている理由は、不公平さをうまないようにするためです。 何を基準に評価されているのかわからず、自分の同期や部下より低い評価を付けられると頭に来ますよね?(笑)社長の好き嫌いで評価を付けられるような会社で働きたいと思いますか?(笑) みんな嫌です。 なのでISO総研では前くらいから「評価シート」をもとに評価される仕組みに変わりました。 「評価シート」の内容は大きく3つのジャンルに分かれています。 1つ目は業績評価です。 これは具体的に数字評価のことをいいます。 自分がどれくらい数字を立てられたか、同じグループの社員の中での数字順位、担当企業数等で評価されます。 2つ目はプロセス評価です。 同じグループの社員に比べて、上司への報連相の頻度や質、仕事に対する積極性、仕事のスピード等が評価軸になります。 3つ目は方針共有点です。 上限はありますが、半期での読書数、勉強会への参加数、飲み―ティングへの参加数等で評価されます。 とにかく評価基準が明確化されているため、頑張った人が評価される仕組みになっているので、頑張りたい!と思う人にはとても働きやすい会社です。 仕事を頑張って評価されたい!という方、ぜひ一度ISO総研の説明会に参加してみてください!


説明会情報をみる

株式会社ISO総合研究所