HOME株式会社ISO総合研究所
株式会社ISO総合研究所
フォロー

この投稿をシェアする:

【弊社代表 山口智朗ブログ】解除後の危機意識

【弊社代表 山口智朗ブログ】解除後の危機意識

とうとう大阪も緊急事態宣言が解除される
見込みが立った。

周りも

「よっしゃー!」

という感じが伝わってくる。
一方で、私は天邪鬼?だからか、みんなが

「よっしゃー!」

となっていると、本当に大丈夫かとうがった
見方をしてしまう方だ。
ただ基本的に、コロナに対する危機意識は低い
方で、奥さんにはピシッとした顔で怒られる。
(でもこの顔が全く怖くないのは内緒)

緊急事態が解除されたのは私も嬉しい。
新しい仕事部屋も解約するだろう。
そんな中であえて危機意識を持っておくとすれば
なんだろうということを考えてみた。

1)第二波
第二波、本当に来るだろうか?

「仕事部屋解約した途端に第二波来るかもよ」

と奥さんに言われた。
ただ私はあんまり来ることがイメージできていない。
第二波が来た時にまた緊急事態宣言を出すんだろか。
そしてどれくらいで収束するんだろか
第三波は、、、

一応弊社では一部在宅ワークを併用することで
ある程度の備えはできているとも言える。

2)ビルや会社でクラスター
ないとは言えない。
これも対応手順があるので、一応その通りに対応
してみるしかない。

3)なかなか景況感が上がらない
意外と戻るのかなと思いながらも、街行く人はまだ
少なめだ。そもそも日本はインバウンドが復活しない
限り景況感は戻らないと思う。
インバウンドはいつ解禁なのか。。。
年内は無理かもしれない。
海外渡航も。。。

となると年内今の景況感を想定した経営が必要かも
しれない。

うーん、どれも想定の範囲の危機しか思いつか
ないな。
こういう時に大きな戦争はないだろか。。。
中国とアメリカの仲が悪くなることで、何か
起こりうることは、、、

一つ全く想像つかないが今世界中で一番困るのは
インターネット回線が繋がらなくなることがある
かもしれない。

そうなったら、どうなるだろ。
まず日記は書けなくなるな。
書かなくていい言い訳ができていいかも。

でも世界に大打撃をもたらすにはネット回線というのは
もしかしたらあるかもしれない。

そんな時のことも考えて大規模糸電話でも作ろうか。。。

インターネットに寄りすぎることもリスクとして
想定してみます。

よし!やるだけ!



株式会社ISO総合研究所