株式会社ISO総合研究所
フォロー

この投稿をシェアする:

【ISO総研を知る!】子育てしながらリモートワーク

【ISO総研を知る!】子育てしながらリモートワーク

我が家には中学生・小学生・保育園児の三姉妹がおります。
緊急事態宣言により、中・小学校は休業。保育園は臨時休園となりました。
ありがたいことに、弊社ではリモートワークを導入し、在宅で勤務を続けることができております。
リモートワークになってすぐ、ものすごい仕事がはかどるなって思いました。
周りに誰もいないので話しかけられることがなく、作業が進むのと、
上司に「これだけやりましたよ!」「いまこれ作業してます!」の報告だけになるので、1日の仕事量はかなり意識するようになりました。
 3人も子供がいると、仕事部屋にも気にせずに入ってきてしまいます。
そこで、小学生以上の子供達にはまず、学校と同じスケジュールでPCを使って時間割を作ってもらいました。
時間割は常に見えるところに貼り、次は何をやるのかチェックして、自分たちで進めてくれました。
「勉強しなさい」「宿題は?」は言わないように心がけ、「一緒にやろう」に変えました。
子供たちからも「一緒にやろうよ!」と声をかけてくれるようになり、自ら動くようになりました。3歳児も空気を読んで、お姉さんたちが勉強をしているときはお皿洗いなど、お手伝いをするようになりました。
 さて、ここまで子供ができるようになったら私の番です。
まずは午前中を有効活用します。
リモートワークになり、通勤時間が無くなったのでその分ウォーキングの時間にしました。
午前中に体を動かすと、1日の代謝がよくなるそうです。
頭もスッキリ冴えて、主婦時間と仕事時間との切り替えがしやすくなります。
 次に、仕事時間がスタートしたら、嫌な仕事や苦手なことは午前中にやってしまいます。
今まで、嫌なことは割と後回しにしてきました。
自分の中でそういったルールを作ると嫌な仕事も、日常の中にある普通の仕事になっていきました。
 もう一つが、昼寝です。
人間、30分までの仮眠だと深い眠りに入る直前らしいので、起きれば悪影響はないそうです。
「起きられないかもしれないから心配」という方は、昼寝の前にコーヒーを飲んでみてください。コーヒーに入っている覚醒作用のあるカフェインは、飲んで30分後から効いてくるそうです。ですので、30分程度で目覚める昼寝をするのに、ちょうどよいのです。
 少しずつ工夫しながら、今の状況をいかに楽しめるかを考えて過ごしています。
皆様も充実したリモートワーク生活をお楽しみください。


説明会情報をみる

株式会社ISO総合研究所