株式会社ISO総合研究所
フォロー

この投稿をシェアする:

【弊社代表 山口智朗ブログ】成果には敏感な長男

【弊社代表 山口智朗ブログ】成果には敏感な長男

「うちの会社で1カ月足らずで
フォロワー1万越えした人いるよ」

というと普段あんまり話に食いつかな
い長男が話を聞く姿勢になった。

いろいろと頑張っているが、あんまり何も
成果が出ていないだけに、成果が出ている
話には敏感なんだろう。

4月になり、弊社では入社2年目でも部下を
どんどん持つことが多い。
部下を持つと悩むのが

「部下がいうことを聞いてくれない」

だ。
そういう2年目も3年目からしたら言うこと
聞かずに悩ませてきたことはすっかり忘れて
いるから面白い。

人事部長のイトケンさんでさえ

「篠原さんが言うこと聞いてくれない」

と言っていたくらいだから、仕方ないかも。
そう言う私も古江さんを始め、役員を動かす
時には悩む時があります。

そんな時どうするか?

私は師匠の小山さんに相談する。
または先輩経営者に相談します。

すると

「小山さんがこう言ってたよ」
「矢島さんでもこんな感じだよ」

と伝えます。そうすると同じことでも
すーっと入っていくから不思議です。

つまり信頼がある人の話は聞くけど信頼
のない人の話は聞かないというのが人間
だったりします。

かくいう私もそうだし。

じゃあ信頼はどうやって作るかと言われ
たらそれは実績や成果によるところが大き
い。

でも実績は簡単には作れない。
そこで部長の実績、私の実績、古江さんの
実績なんかが信頼となってくる。

信頼を使って助言や指示をすると伝わりや
すくなる。

そのために部下を持つ上司は会社のこと
山口、古江、役員、本部長、部長のことを
知らないとうまくいかない

という仕掛けになっている。
つまり会社のことを知ることで一番メリットが
あるのが自分なんだと言うことがわかると
めっちゃ成長できるんだけどなあ。

ということで私もガキたちにより伝わるよ
うにユーチューバーを研究します。

よし!やるだけ!


説明会情報をみる

株式会社ISO総合研究所