株式会社dual&Co.
+ フォロー
「ありがとう」と「ごめんなさい」の重要性

2021.10.19

「ありがとう」と「ごめんなさい」の重要性

こんにちは、総務課の松若です!

今日は仕事でもプライベートでも重要だと思う
相手への伝え方について書きます。

私自身、子育て真っ最中のため週5時短勤務で完全リモートワーク勤務です。
そのため、子供と接する時間がとても増えたことで
家族の細かい部分までしっかり見えるようになりました!

最近子供(小学生)の口調が悪く悩んでたのですが、
イヤイヤ期の子供の対処法の本を思いして
『否定語』と『命令口調』を一切やめて休日をすごしてみました。

誰だって否定されたり命令されたくないですよね?
しかし、特に家族となると気が緩み「〇〇しなさい!」「早くして」等
"簡単な言葉"を使ってしまいます。
たとえ血のつながった家族であっても、"簡単な言葉"を使い続けてると嫌な気分になるものです。

そこで、望ましい行動へ誘導する声掛け(例:宿題をしない子に対して→早く宿題しなさい!ではなく「何時までに宿題やる?(相手の意思確認)」、「〇時になったらはじめようか!」等)を常に意識して過ごしました。

<ポイント>
・やってほしい行動へ誘導する声かけ
・命令口調はしない。「しようか?」「できる?」など相手の意思を確認する
・何かやってもらったら「ありがとう」失敗したら「ごめんね」

上記声掛けを家族に周知してから一日実践した結果、
子供が自主的に学習をしたり、「ありがとう」を言えるようになったり、
嫌味を言わなくななるまで改善しました!


これは、仕事でも同じことが言えると思います。
権力のない子供に対して、親(子供からしたら権力者)の力関係と同じように、
役職が付いたり部下が何十人と増えて偉くなると
指導する役目がでて、相手への伝え方に気を付けなければならなくなります。

伝え方がうまい人の特徴は、日本語を多く知り、かつ適切に取捨選択できる人だと思います。

私が入社してから知る限り、社内にて命令口調で伝えるような人はおりません。
何か依頼するときは「〇〇お願いでますか?」
やってもらったら「ありがとう」
すごく当たり前のことですが、しかしながらこれが常にできているか否かで
働く環境が大きく変わるものです。

「ありがとう」と「ごめんなさい(仕事では『すみません』)」は
スッと言葉として出て気持ちよく過ごせるように、常に意識しておきたいですね。

https://cheercareer.jp/company/seminar/3265

投稿一覧
12345