バレットグループ株式会社
フォロー

この投稿をシェアする:

学んだことを繰り返しアウトプットしよう!

学んだことを繰り返しアウトプットしよう!

皆さんこんにちは!21卒内定者のひなです!

最近また暑くなってきましたね!
この前、暑さに耐えきれず今年初のアイスを食べました!
アイスを食べる時期になると夏の訪れを感じます(笑)

今日は、くぼっちに続いて説明会やインターンシップに参加する中で私が大事だと思ったことについてお話ししようと思います!

ずばり、『学んだことを繰り返しアウトプットすること』です!

アウトプットは、「書く」「話す」「行動する」といったように得た知識や情報を発信することです。
逆に「聞く」「読む」といったように新しい知識や情報を吸収することをインプットと言います。

なぜアウトプットが大事だと思ったかというと、誰かに向けて発信しないとそこで感じたことや学んだことをどんどん忘れていってしまうからです!


みなさんは、説明会やインターンシップへ参加した後に、振り返りをしたり、誰かに学んだ内容を話したりしていますか?

私は、就職活動を始めて間もないとき、話を聞きながらノートを取っていたのですが、そのあとで振り返る時間を取らず過ごしていました。
そんなある日「〇〇さんのお話が印象的だった!」と友人に話して、「どんな内容だったの?」と聞かれたあと、「あれ?どこが印象に残ったんだっけ…」と言葉に詰まってしまったことがあります。

つまり、話はしっかり聞けていたはずなのに、記憶が脳に定着していなかったんです。
せっかく新しい学びを得ても、どんどん忘れてしまうなんて悲しいですよね。

そこで大事になってくるのが『学んだことを繰り返しアウトプットすること』です!

ただ話を聞くだけではなく、そこで学んだことを繰り返しアウトプットすることで、どんどん脳内の記憶を定着させることができます!

アウトプットの方法は様々です!
周りの人に話す、Twitterなどで発信する、要約する、日記をつける、など…

皆さんはこれから説明会やインターンに参加する中で新しい気づきや発見をすることがあると思います!
そこで得た気づきを忘れず結果を出すためにも、繰り返しアウトプットすることをぜひ意識してみてほしいです!


★SNS
Instagram
Twitter内定者アカウント

★まだ間に合う!バレットグループのWEB会社説明会!
エンジニア職の方はこちら


説明会情報をみる

バレットグループ株式会社