バレットグループ株式会社
フォロー

この投稿をシェアする:

「プレゼンス」って?

「プレゼンス」って?

皆さんこんにちは!
内定者のマリンです。

今日は、10月に行われた内定者プレゼン研修で印象に残っていることをお話ししようと思います。

皆さん、「プレゼンス」って何かご存知ですか?

プレゼンにおいて大事だと言われている要素が4つあるのですが、その中の1つが「プレゼンス」というものです。
恥ずかしながら、私は研修を受けるまで聞いたこともありませんでした…(; ´ᵕ` )

「プレゼンス」とは、「その人自身」「存在感」「身体的・精神的側面」といった意味があります。プレゼンにおいてわかりやすく言うと、その人が前に出て第一声を発した時の"第一印象"のことですね。

人は、その場に立っているだけでも他人に印象を与えます。どんな人がプレゼンをしているのか。それが「プレゼンス」です。

プレゼン研修では、最初に、自分のプレゼンスを知るための研修がありました。

まずグループの前に立ち、
「ありがとうございました。」
と言ってお辞儀をして、グループメンバーから一言ずつ良い点と悪い点、またどうすれば悪い点を改善できるのかを言ってもらうというものです。

例えば、「紳士的」「真面目そう」な反面、「機械っぽい」「かたい」と言われた人は、「もっと口角を上げて、笑顔を意識すれば柔らかい印象を与えられるよ」というアドバイスがありました。

私は、「明るい」「元気」だと言われた反面、「落ち着きがない」ようです。「ありがとうございま『す』で一度相手と目を合わせて、ゆっくり頭を下げると良いよ」というアドバイスを頂きました。

私は、それを普段の飲食店の接客アルバイトで実践するようにしています。

私はペコペコ何回も速くお辞儀をしてしまう癖があり、それが落ち着きのなさに繋がっているとわかったので、お見送りの際などにハッキリと「ありがとうございます!」と言った後、ゆっくり深くお辞儀をするようにしました。

すると、いつもより自分に落ち着きと安心感が出ているように感じ、自分自身の接客に対する自信にも繋がりました。

この学びと経験を、プレゼンや仕事に活かしていきたいと思っています。


大学生になると、パワーポイントを作って人前でプレゼンをする機会も多いですよね。
皆さんも一度、「自分のプレゼンス」がどう人に映るのか、意識してみてはいかがでしょうか?

それではまた☆


〇大好評!会社説明会〇
東京開催】12/4(代表取締役登壇)
大阪開催】12/8(役員登壇)


説明会情報をみる

バレットグループ株式会社