株式会社ウィル・ビー
フォロー

この投稿をシェアする:

名刺からのコミュニケーション

名刺からのコミュニケーション

こんばんは。
最近、愛猫が布団に入ってきてくれなくて、
なんだか寂しい入社1年目の竹内です。

もうすぐ、ゴールデンウィークですね。
予定はたてていますか?

さぁ、本日は、ウィルビーの名刺についてご紹介します。

ウィルビーの名刺には、
出身地と好きな言葉がのっています。

ちなみに、私は、
出身地:愛媛県
好きな言葉:明るく楽しく元気よく!です。

なぜこの話をしたかというと、
先日接客したお客様が、名刺の出身地をみて、
竹内さん、愛媛県出身なんですね?
私も、愛媛県出身なんですよー。
と名刺をきっかけに地元トークで、盛り上がったからです。
色々と話していると、
お客様のお父様が今、私の出身校の体育館の修繕工事をしている。
お客様は、母と同じ出身校!
私たちの溜まり場、銀天街や大街道の話、
最近、愛媛に帰っていますか?などとても会話が弾み
お互いの距離はぐぅーと縮まりました。

たかが名刺、されど名刺。
大切なコミュニケーションツールだと
改めて、感じる事ができました。

そして、
ウィル・ビーの名刺はやっぱいいなと思う所がもう一つ。

私は、名刺交換をした際に、
名刺だけでその人をすぐに思い出せる様に
名刺の裏にお会いした際の印象をメモ書きしてます。
例 目がくりくり、ストライプのスーツ、
ネクタイはキュッとする人、笑顔が素敵などなど

ウィル・ビーの名刺は、その必要はありませんよ。
なんてったって、自分の写真付きですからね!
少し恥ずかし(笑)と思いますが、
しっかりと記憶に残る、存在感!コレが大切です。

さっ、今宵のソングは、
名曲「ラブストーリーは突然に」です。

「あの日あの時あの場所で君に会えなかったら
 僕等はいつまでも見知らぬ二人のまま」

この曲が主題歌のドラマ
「東京ラブストーリー」の最終回の
完治とリカが、母校の柱に相合傘を彫るシーンをご存知ですか?

実は、このシーンの学校!
私の母校なんです。
今は、建て替えられて、新校舎ですが、
その柱は、いまでも、久万高原ふるさと旅行村に保管されてます。
プチ自慢ですみません。

ゴールデンウィークは、
四国の軽井沢と言われている、久万高原町に
旅行はいかがでしょうか?

代表の冨樫も参加する説明会のご予約はこちらから
会社説明会予約

前の投稿:
話題の引出し

次の投稿:
工夫をこらせ!



説明会情報をみる

株式会社ウィル・ビー