シアトルコンサルティング株式会社
+ フォロー
「成果をあげる」ことにこだわる

2022.01.19

「成果をあげる」ことにこだわる

こんにちは!
シアトル新卒採用担当の加藤です(*^^*)

今回は私が新卒採用ユニットのリーダーとして大事にしていること、
そして現在参加している次世代経営者研修で学んだことを
皆さんに少しお伝えしたいと思います。

私は今、代表が開催する次世代経営者研修に参加しています。
そこでは様々な課題図書や、代表が学んできたことを基に、
「経営者とは何か、どうあるべきか」ということを学んでいます。

そこで先日「経営者=成果を上げる人」というお話がありました。
これはユニクロを創業した柳井正さんが書いた
「経営者になるためのノート」でも定義されています。

ここでいう成果とは「約束したこと」になります。
会社の存在意義や使命を実現するために、
顧客や社会、従業員に対して「こうします」
「こうなります」「これをやります」と約束したこと、
これらを実行し実現し、約束を守ることが経営者の役割です。

成果を出すことに固執し、なんとしでもやり遂げる。
その約束を実現し初めて社会や顧客、従業員から信頼され、
社会に存続していく会社になるのです。

このように、「使命をもち、成果をあげること」
これが経営者の役割であるということです。

私はこの「成果をあげる」ということは、
規模や範囲は違えど、リーダーやメンバーにも
大切なことであると考えています。

そもそも自分が相手に価値を提供することで、
お金を頂くことがビジネスの仕組みですから、
その分の価値(成果)を出すことは、
当たり前のことだと思っています。

実際、私も入社から今まで、
成果を出すことにこだわってきました。

事務作業はとにかく効率を上げ、
学生と向き合う時間や、シアトルを知り伝えることに時間を割き、
他部署や他社に協力を仰ぎ、毎年難しくなる約束を達成してきました。

もちろん挫折しそうになったこともありますが、
諦めず続けた結果、
シアトル拡大に貢献できたり、
面談をした学生の就活が上手くいったり、
社長賞を頂いたり、と大きな達成感を味わえました。

簡単なことではないけれど
働く上で、私はとても大事なことだと思っています。
経営者を目指している方もそうでない方も、
ぜひ一度、「経営者とは何か、仕事とは何か」考えてみて下さい(^^)


▼説明会・インターンのご予約はこちらから
https://cheercareer.jp/company/seminar/272

投稿一覧
12345