株式会社スピードリンクジャパン
フォロー

この投稿をシェアする:

【2カ月のプログラミング研修を受けて】文系・未経験からエンジニアを目指すのに必要なこと

【2カ月のプログラミング研修を受けて】文系・未経験からエンジニアを目指すのに必要なこと

こんにちは!
スピードリンクジャパン新卒の堀口です。

私は文系出身で、未経験からエンジニア志望でこの会社に入社しました。
今回は、4~5月にかけて受けていたプログラミング研修を振り返り、
文系や未経験からエンジニアを目指すうえで、
重要だと感じたことについて書いていこうと思います!

➀研修制度
まず、会社を選ぶ際には、研修制度は要チェック項目です!

・IT業界やSEについて基本的なことが理解できる
・プログラミングを段階を踏んで教えてもらえる
・実践的な内容が含まれている(アプリケーション作成など)

基本的なプログラミング文法を勉強することに加えて、
実践的にアプリケーション等を作成する方がプログラミングの理解が深まりました。
上の3つの項目を参考に、研修制度を見てみてください☺

②フォロー体制
フォロー体制とは、研修で分からない点があった時に、
簡単に言うと「研修講師や先輩に聞くことができるか」ということです!

研修中にわからないことが沢山出てくると思うので、
その都度、もしくは研修時間の前後で、教えてもらえる環境がとても大切だと実感しました!

私自身、プログラミングがとても難しく感じ、
何度も先輩社員に質問して、教えていただいたり、
同期との勉強会に参加したりして、乗り越えることができました!

②自分でたくさん勉強すること
初めてプログラミングに触れると、とても難しく、
理解に時間がかかったり、1つずつ手順を踏んで勉強しないといけなかったりします。
研修のほかに自分でコツコツ勉強することも必要になります。
エンジニアを目指すと決めたら、その覚悟も少し必要になるかなと思います!

少し大変なイメージを持ってしまった方もいらっしゃるかと思いますが、
2カ月間のプログラミング研修を受けた率直な感想です!

実際に働く様子や、先輩社員の働き方(現場や1日のタイムスケジュール)など
具体的に知りたい方は、ぜひオンライン説明会にいらっしゃってください。
ご参加お待ちしております!
https://cheercareer.jp/company/seminar/2626


説明会情報をみる

株式会社スピードリンクジャパン