株式会社シルバーライニング
フォロー

この投稿をシェアする:

山本五十六の言葉【第一部】

山本五十六の言葉【第一部】

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」

山本五十六の言葉です。
皆さんも、もしかしたら一度はお聞きになった事もあるかと思います。
社員育成の場でも活用される有名な言葉ですね。

意味は読んで字の如く、人を動かすには先ず自分で〈やって見せて〉、〈言って聞かせて〉は教えてあげると言うこと。そして〈させてみて〉、〈褒めてあげると〉、〈人は動きます〉という事です。

教えられる立場としては、教育してくれる人が〈やってもいない〉し、〈褒めてくれない〉で口ばっかりだったら嫌になりますよね(^^;

このような教育の行い方を的確に伝えている言葉であります。
しかし、なんとこの言葉には続きがあるのです・・!!!

皆さんはこの言葉の続きをご存知でしょうか?

【以下全文】

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」
「話合い、耳を傾け承認し、任せてやらねば、人は育たず」
「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」


こちらが全文になります!
全部で3つの構成になっていたこの言葉、
これは初めてお聴きした方も多いのではないでしょうか?!

それでは、簡単に意味を解説していきます(^^)

①「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」
②「話合い、耳を傾け承認し、任せてやらねば、人は育たず」
③「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

この3つの言葉にはそれぞれキーワードがあります。
それは、

①【教育】②【承認】③【信頼】

このような意味が隠されています。
①【教育】については先程解説したように、教えるものが率先して行動しなくては、人は動きませんよ、ついてきませんよ、という事がわかると思います。

この段階ではまだ、教えてもらう側の人は【受動的】であると言えます。
つまり、「教えてもらってから言われたことをやる」段階です。

自動車教習所に例えると、まだ講習を受けて勉強し、先生の運転するところを見て、教習所の中で運転させてもらっている頃、といった感じでしょう。


では次に、

②【承認】について、
ですが、長くなってしまったので、また明日!!!


人事担当 山中

https://cheercareer.jp/company/message_detail/3985/80180

◆◆◆採用情報はコチラから◆◆◆
      ↓↓↓
https://cheercareer.jp/company/seminar/3985

山中 涼
⦅担当分野:人事・社員コーチング⦆ 業務委託 
【出身】栃木県【年齢】31歳(1990年生まれ)【趣味】旅行と温…詳細を見る
【出身】栃木県
【年齢】31歳(1990年生まれ)
【趣味】旅行と温泉、インドア派

シルバーライニングの人事担当(業務委託)と、本業はコーチングをしています
面談しながら皆さんの適正コーチングも行ってますのでお気軽にお声かけください♪

今は違いますが、もともと人見知りです(笑)
頭のネジがどこかで外れてしまい、人前に出て話すことに快感を覚えるようになりました(笑)
毎年どこかの会場で講演しています

【スピーカー登壇歴】
・TEDx テーマ「時間と選択」 
・日本経営道協会主催フォーラム テーマ「組織イノベーション」

☆ FacebookのリンクからTEDx視聴できます♪
▲詳細を閉じる

過去の投稿




前へ 123

説明会情報をみる

株式会社シルバーライニング