株式会社ネクストビート
フォロー

この投稿をシェアする:

大阪大学在学中も正社員として活躍!ビジネスにおいて市場価値を高め続けられる「最強のママ」になる

大阪大学在学中も正社員として活躍!ビジネスにおいて市場価値を高め続けられる「最強のママ」になる

本日は、20卒新卒で11か月の前倒し入社をした野田へのインタビューをお届けします!

ネクストビートへの入社理由を教えてください
就職活動を始めたころ、周りに流されている自分がいました。ビジョナリーな軸で就活している友人が多く、自身もそうでなければ!と思っていましたが、就活を進めていくうちに「本当に自分のやりたいことは何なのだろうか」ともやもやしてきて…。自分の人生を振り返ってみた時に、一番大切なものは育ててくれた両親・弟という家族の存在であり、自分が死ぬ気でやり遂げたいことは「家族を大事にしたい」ということでした。そして、未来の家族のことを第一に考えられる、“最強のママ”になりたい!と思いました。それはどんな存在か考えたときに、自分主導で仕事も家庭も選択できる状態になることかなと。そうなる為に市場価値を高め、母親になった時に、自分で仕事を取捨選択できる状態にならなくては、と思いました。自身の能力を高めるため、社会から必要とされる力をスピード感をもって身に着けられる環境が必要でした。
ネクストビートを知ったのは、前年度、サマーインターンに参加した友人から勧められたことがきっかけでした。サマーインターンの募集開始と同時に応募し、参加することに。ネクストビートのサマーインターンは、新規事業プランをゼロから考え、実行可能性をリアルに検討していく2日間で、役員と事業責任者がフルコミットで学生と同じ立場から議論してプロジェクトを進めました。そんな環境自体が初体験ということもあり、すごく刺激的で、他社のインターンでは感じられなかった高揚感がありました。加えて、この人たちの下で仕事をしたら成長できそう!と強く感じました。
そこから選考に進み、新卒採用担当の方と面談を重ね、社員の方たちと交流を深めるなかで、心から「素敵だな、魅力的だな」と思える人たちがネクストビートにはたくさん働いていると直感的に感じました。オフィス見学ではオンオフがしっかりしていると感じhttps://cheercareer.jp/company/seminar/3493ました。また、「最強のママ」になるためのロールモデルとなる、CHRO澄川さんの存在も決め手のひとつになりました。制度としても、積極的にジョブローテーションできるチャンスがあるのが魅力で、強みや適性を理解するためにもいろいろな経験を積みたいと思いましたし、ここでなら、自身の能力を高めることができると感じ、入社を決意しました。

高野 麻奈未
Human Resource Division

過去の投稿




前へ 次へ

説明会情報をみる

株式会社ネクストビート