株式会社Wiz
フォロー

この投稿をシェアする:

自分で就職先を決めたいが…親が賛成してくれない

自分で就職先を決めたいが…親が賛成してくれない

こんにちは!
新型コロナウイルスの感染拡大が気になりますね…

さて皆さんは自分の思い通りに就活ができていますか?
周りの意見に左右されてしまい、納得のいく就活から遠ざかってはいませんか?

みなさん、納得内定!納得入社!したいと思います。
きちんと決断した上で、就活を終えたいですよね!
そこで今回はこちらのギモンにお答えします。

Q.自分で就職先を決めたいが…親が賛成してくれない
A.親は子供を心配して当たり前!働くのは親ではなく自分自身!

私は○○の企業を受けたい…
内定をもらった株式会社○○に受諾したい…

例えば
・知名度が低い中小企業
・無名のベンチャー企業などが挙げられます。

親世代の就活の認識として、未だに「大企業=安定」という固定観念が残っているようです。

けれども、初めて勤める会社は今後を左右するライフイベント。だから、自分が納得する道に進み、悔いのないようにしたい。
そんな風に葛藤している学生も一定数いると思います。

家族の反対はとても辛いことですよね…
就活生の皆さんのほとんどが、将来を応援してほしい気持ちが強いはずです。

親は子どもの将来を心配します…
苦労のない生活を送ってほしい、という気持ちもあるはずです。

しかし就職先の企業で働くのは、「親」ではなく「自分自身」です。
親の言いなりになり、自分の望む道から外れてしまうのは辛いですよね。

でもやっぱり親の意見を聞くことも大切…では、どうしたらいいの???ってなりますよね。
そこは、コミュニケーションをとって、自分の足で未来へ向かう姿を見せることです。

業界研究を重ねたり、なりたい自分の姿を中長期でプレゼンしてみたりしてみましょう。
ご両親が理解してくれるような「具体的」な内容を話すことができるようにしていきたいですね。

例えば…
「若いうちから実力主義の企業で働きたいと思っている。年功序列にとらわれることなく、自分の努力次第で将来の可能性を広げていきたい。仮に就職先で上手くいかなかった場合でも、自分で下した決断だから後悔はしない」などといったことを言えると良いですね。

しっかりと話し合いを重ね、親御さんを安心させてあげましょう。
時間がかかってしまっても、お互いが納得いくように結論を出せると良いですね。

皆さんが納得いく企業に就職できるように、陰ながら応援しています。
辛いこともあるかと思いますが、前向きに頑張ってくださいね。

柳下 なつみ
学生人事部(インターン)

過去の投稿




前へ 12

説明会情報をみる

株式会社Wiz