株式会社クリーク・アンド・リバー社
+ フォロー
株式会社クリーク・アンド・リバー社の特徴
POINT 1
選べるキャリアパス
詳しく見る
自身の志向に合わせたキャリアパス形成が可能。
Webディレクター・アカウントプロデューサーを目指すDPコースと、DXプロデューサーを目指すDXコースからキャリアを選ぶことができます。
POINT 2
充実した研修・育成
詳しく見る
入社後は座学とOJTを織り交ぜながらしっかりと研修を行います。
これまでも多くの業界未経験者を育成してきたノウハウがありますので、成長できる環境が整っています。
POINT 3
幅広い提案の実現
詳しく見る
映像、ゲーム、出版、医療、法曹、建築、ファッション、食、アグリなど幅広い領域で事業をおこなっているC&Rグループにはさまざまな業界のプロフェッショナルが所属しています。
それぞれの強みを掛け合わせることで、領域にとらわれない企画・提案が実現できます。
起業ストーリー

今からおよそ40年ほど前にさかのぼります。

当時、社長の井川がTVディレクターとして、飢えと貧困の代名詞となっていたアフリカの村落を取材した時のことです。
土地は肥沃なのに、なぜみんなが飢えに苦しんでいるのか。
作物を育てるノウハウがあれば解決できるのに、なぜそれができないのか。

その滞在していた村を去る前日、そこから50キロも離れていないところに水路が整備され、作物が生い茂る肥沃な土地がありました。
しかし、それは貧困の村まで届かず...利権の対象となっているとのことでした。

この現実は、ドキュメンタリストとしてメディアを通じ、この村の惨状を世界中の人へ問題提起することが、やがて村落の人たちを救えると信じていた井川の考えを根底から変えました。
「そこに住んでいる人がいたら、自分の手を差し伸べたい」
人として当たり前の行為を、間接的に行うか、直接的に行うか。
悩み抜いていくうちに、ドキュメンタリストとしての限界が見えました。

わずか2週間ほどの滞在でしたが、いざ帰ろうとするときに、子供たちが泣きながら抱きついてくる。
スタッフ全員が後ろ髪を引かれる思いで、ロケ車に乗り込んだとき、自分の無力さを痛感しました。
この子たちを助けるために自分にできることは、メディアに問うことよりも、そこに川を造り、水路をつくり、作物を育てるノウハウを提供することではないのか・・・。

クリーク・アンド・リバー社の社名は、この強烈な想いから名付けられました。

人が困っていれば、自分のできることから直接動いていきたい。
クリーク・アンド・リバー社の事業活動が世界規模になるにつれ、そのコンセプトが大きなパワーとなって、人の心の中に生き続ける。
そして、日本だけではなく、世界の人々の笑顔を生み出す願いを込めた社名です。
もっと見る
事業内容

当社は、映像・ゲーム・Web・広告出版・医療・IT・建築・コンピュータサイエンス・ライフサイエンス・舞台芸術・CXO等、18分野で活躍しているプロフェッショナルに特化した
・エージェンシー事業(派遣・紹介)
・プロデュース事業(開発・請負)
・ライツマネジメント事業(知的財産の収益化)
を展開しています。

近年、様々な課題解決に繋がる手段として『DX』が注目され、多くの企業で導入が検討されています。
しかし、業界内ではDXを実現するための人材がまだ不足しています。

当社ではそんなデジタルの領域から社会課題を解決する人材育成プロジェクトを発進しました!
人と社会の豊かさを創生するため、次世代を担うデジタルに特化したプロフェッショナルを当社で一緒に目指しませんか?

デジタル・クリエイティブ・IT領域にご興味ある方からのご応募お待ちしています!
企業情報
企業名
株式会社クリーク・アンド・リバー社
業種・業界
広告・出版/コンサル/人材
売上高
373憶円 ※2021年2月期決算
資本金
11億7,719万円
社員数
【専門職】1,463名(正社員629名、契約社員834名)
男女比
男性:46.8% 女性:53.2% ※2021年2月期
平均年齢
33歳
所在地
〒105-0004 東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE